Canon EF28-105mm F3.5-4.5 II USM

Canon EF28-105mm F3.5-4.5 II USM

主要性能
レンズ構成 12群15枚
絞り羽根枚数 7枚
最小絞り F22〜27
画角 水平 65°〜19°20′/ 垂直 46°〜13°/ 対角 75°〜23°20′
最短撮影距離 0.5m
最大撮影倍率 0.19倍
フィルター径 φ58mm
最大径 x 長さ φ72.0 x 75.0mm
質量 375g
発売年月 2000年(平成12年)10月
価格 45,000円

 ペンタックスからキヤノンに機材のシステム変更をして、初めて買ったEFマウント用レンズです。オークションで安くで出品されていたため、実はカメラ本体よりも先に手に入れました。私が初めて使ったEFレンズということもあり、その後に買ったレンズの評価は、全てこのレンズが基準になっています。

 普及型ズームレンズですが、開放F値が4.5-5.6クラスのレンズと比べると、ファインダーを覗いた時の明るさや描写は、明らかにワンクラス上のレンズであると言えます。EOS-10Dに着けると、44-168mmの画角になるため標準ズームとしては広角側が少々物足りませんが、軽く小さく、フードもコンパクトで持ち運びに苦労しないため、とても扱いやすいレンズです。レンズ1本持ってちょっと近場に出掛ける時は迷わずこのレンズを持ち出します。