Canon EF24-70mm F2.8L USM

Canon EF24-70mm F2.8L USM

主要性能
レンズ構成 13群16枚
絞り羽根枚数 8枚(円形絞り採用 開放F2.8からF5.6までほぼ円形)
最小絞り F22
画角 水平 74°〜29°/ 垂直 53°〜19°30′/ 対角 84°〜34°
最短撮影距離 0.38m(ズーム全域)
最大撮影倍率 0.29倍
フィルター径 φ77mm
最大径 x 長さ φ83.2 x 123.5mm
質量 950g
発売年月 2002年(平成14年)11月
価格 220,000円(ケース・フード付)

 このレンズが出た後、レンズメーカーから大口径標準ズームが続々と発売されました。安いのに、性能もなかなか、しかも小さく軽いときたもんだ。総合的に考えれば、これらのレンズはもちろん候補に挙がるし、十分魅力的なのですが、結局・・・デカイ!重い!高い!の3拍子揃ったこのEF24-70mmF2.8を買ってしまいました。だって欲しかったんだもん(笑) とまぁ冗談はさておき、写り、所有する喜び、リセールバリューという逆に3拍子揃ったレンズは、これしかないでしょう。私の「レンズ欲しい病」を治す特効薬は、このレンズしかなかったのです。

 モデル撮影会に何度か参加すると中望遠域の大口径ズームが欲しくなります。唯一持っていた標準ズームEF28-105mmF3.5-4.5ではボケが物足りないし、EOS-10Dに着けた場合、EF70-200mmF2.8だと望遠すぎるし、EF17-40mmF2.8だと広角すぎることが多いのです。実はこのレンズ、購入してからまだ本格的な撮影には連れて行ってあげてません。デビュー戦は東京モーターショーになりそうです。普段の撮影は車での移動がほとんどなので、機材の重さや大きさは私にとってデメリットにはならないのですが、交通機関を使っての移動となると、やはりこのレンズのサイズはネックになりそう。